福島県郡山市の歯医者 宝沢伊藤歯科医院

歯周病治療

歯周病

世界でも最も感染者の多い疾患として2001年にギネス認定されました。
日本では成人の70%以上が罹患している疾患ですが、原因である歯周病菌は唾液を介して人からうつり、一度口腔内に住み着くと一生いなくならない細菌です。(口腔常在菌)
2020年に「with コロナ」という言葉が生まれましたが、歯周病菌こそ一生上手に付き合わなくてはならない細菌「with 歯周病菌」なのです。

歯周病とは

歯周病
歯周病菌により攻撃を受けた顎の骨が失われていく病気です。
歯周病菌がたくさん集まり集団化したものを「プラーク」(細菌塊)と言います。
プラーク中の細菌(歯周病菌)により歯肉炎が起きると、歯肉(歯ぐき)がブヨブヨになり、やがて歯から歯ぐきがはがれていきます。
この時にできた歯と歯肉の間の溝のことを「歯周ポケット」と言います。
プラークは歯肉をどんどんはがしながら深部へと進んで行き、歯槽骨(顎の骨)まで到達すると骨を攻撃し骨が失われていきます。このようにして歯周病菌により歯槽骨が失われていく疾患が歯周病です。
多くの歯槽骨が失われると歯がぐらついてきて、最後には抜け落ちてしまいます。

歯周病の症状

歯周病はアメリカではサイレントディジーズ(静かなる疾患)と呼ばれるように、基本的には痛みを伴わない病気です。(急性発作が起こった時のみ痛くなります。)ですから、自分では気づかないうちに進行してしまう病気です。歯科医院に定期受診する習慣がない方の場合、ほとんどの歯槽骨を失い歯がぐらついてから気づき、治療できずに抜歯に至ることも少なくありません。

歯周病治療

原因となる歯周病菌(プラーク)除去が治療になります。
プラーク除去には、①歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどの清掃器具、②スケーラー、超音波スケーラーなどの専用のインスツルメントが必要となります。
①の清掃器具は主に患者さん自身が使用するもので、②は歯科医師や歯科衛生士が使用するものです。つまり、歯周病治療は「患者さん、歯科医師、歯科衛生士」の3者が協力し合い治療を進める必要があります。

プラーク除去の分担

主に歯肉から上の部分(歯肉縁上)のプラーク除去は患者さん担当になります。
そして、歯ブラシなどの清掃器具では届かない歯肉から下(歯肉縁下)のプラークが歯科医師や歯科衛生士の担当です。
歯肉縁下のプラーク除去を行っても、歯肉縁上にまたプラークが蓄積してしまえば元の木阿弥、またそのプラークが歯肉縁下に侵入し歯槽骨への攻撃を始めてしまいます。
歯肉縁上・縁下両方のプラーク除去ができないと歯周病は改善しません。
「歯科医師、歯科衛生士任せ」の歯周病治療は、良い結果を生みません。

あなた自身が積極的に歯周病治療に参加することでしか治療効果を期待できません。ここがむし歯やその他の感染症と違い治療が難しい部分であり、成人の7割以上が歯周病を抱えているという現実を生んでいるのです。

歯周病の進行と治療

進行度1(初期歯周病)

[進行度1] 歯茎がはれ、出血する
【臨床所見】
歯周ポケットは浅い状態(3〜4mm)歯ぐきのわずかな発赤や腫脹が認められる。

【治療法】
縁上縁下の歯石やプラーク除去と環境改善治療により改善できます。

進行度2(中等度歯周病)

[進行度2] 口臭を感じるようになる
【臨床所見】
歯周ポケットはやや深い(4〜6㎜)歯ぐきの発赤、腫脹が強くなるか、歯肉退縮が見られるようになる。

【治療法】
縁上縁下の歯石・プラーク除去に加え、プラークコントロールの学習、実践が必要になります。

進行度3(重度歯周病)

[進行度3] 歯がぐらついてくる
【臨床所見】
深い歯周ポケット(7㎜以上)強い歯肉の発赤・腫脹、または大きな歯肉退縮、歯ブラシなどで容易に歯ぐきからの出血があり、歯が動くようになる。しかし、喫煙者ではこれらの臨床所見が歯ぐきの硬直化により隠されることもある。
 
【治療法】
歯周外科手術による縁下の歯石・プラーク除去と徹底的なプラークコントロールの学習、実践が必須。状況に応じて歯周組織再生療法が適応となります。

進行度4(末期歯周病)

[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
【臨床所見】
歯のぐらつきが大きくなり、歯肉退縮が顕著になる。硬いものは食べられない。
 
【治療法】
抜歯以外に歯周病を抑えこむ方法はなく、骨保護のための抜歯をお勧めします。

歯周外科手術

歯周病を改善させるためには、歯周病菌のかたまりであるプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことが不可欠です。
歯根表面のプラークや歯石は、歯周ポケットの中に器具を差し込み手探りで除去しますが、深い歯周ポケットでは器具が届かなかったり、届いても正確な操作ができないため、取り残しが出てしまいます。
そのため、歯周組織(歯肉や骨など)の破壊が進んだ深い歯周ポケットがあるケースでは、歯周基本治療で取りきれなかったプラークや歯石をしっかり除去するために、歯周外科手術(フラップ手術)を行う必要があります。
(条件が合えば失った骨を再生させる歯周組織再生療法が適応となる場合もあります。)

歯周組織再生療法

組織付着療法

歯肉を切開し取り残された歯石やプラークを徹底的に除去するのが主な目的となる手術です。きれいになった根面に歯肉を再付着させ歯周ポケットを浅くする効果もあります。

治療結果の評価
歯周病の進行を止めること・歯周ポケットを浅くすることが目的となります。
再検査時の出血が無いことで評価できます。歯周ポケット内からの出血は歯周病の活動性を表す指標となります。さらに根表面が清潔になることで剥がれた歯肉は再付着するので、検査時に歯周ポケットが浅くなっていることで治療効果を評価します。

切除療法

歯周ポケットを物理的に浅くすることを目的とします。
歯肉切除による方法、歯肉弁を根尖方向に移動させる方法などにより歯周ポケットを浅くします。骨に段差があるときはそれを平坦化させることで再発リスクを減弱させます。

治療結果の評価
再検査時に歯周ポケットが浅くなっていることやレントゲン診査により骨が平坦化していることで治療効果を評価します。

歯周組織再生療法

失われた骨を再生させることを目的とします。
エムドゲインやリグロスといった骨増殖因子を応用し、失われた骨を再生させます。

治療結果の評価
レントゲンで骨が再生しているのを確認することで治療効果を確認します。

外科手術の適応条件

プラークコントロールが良好であること。セルフケアによるプラークの除去率が20パーセント以下になっていることが望まれます。

術後のメンテナンスを受けること。術直後は歯ブラシなどによるセルフケアが十分にできなくなります。それを補うために術後1ヶ月は定期的なプロフェッショナルケアが必要になります。

喫煙していないこと
喫煙により歯肉の表面を覆う上皮細胞や、傷の修復に関わる繊維芽細胞の機能が障害され歯周組織の修復能力が低下し、歯周外科手術を行っても治癒が妨げられてしまうのです。特に歯周組織再生療法では再生の成功率は著しく低くなります。

歯周病治療の鍵「プラークコントロール」

プラークコントロールとは治療によりプラークが付着しにくく清掃しやすい環境を作り、細菌の活動を抑え、歯面からプラークを除去していく一連の行為のことです。
具体的には、
①口腔内環境改善治療(歯石除去、不適合修復物の改善治療、むし歯治療、矯正治療による歯並び改善治療など)
②プラークの増殖と活性化の抑制
・生活習慣の改善(食事の改善、キシリトール等の代替甘味料の応用)
・プロバイオティクスの応用(善玉菌を定着させ悪玉菌を減少させる)
・フッ化物の応用
・抗菌剤の応用
③縁上、縁下の物理的プラーク除去
⑴セルフコントロール
患者さん自身で行う歯肉縁上のプラーク除去(プリベンションプログラムで学習と訓練を)
⑵プロフェッショナルコントロール
歯科医師、歯科衛生士が行う主に歯肉縁下のプラーク除去
このプラークコントロール成功が歯周病治療成功の鍵なのです。

歯周病の再発

歯周病は何度でも発症を繰り返す疾患です。

一度改善したからといって、プラークコントロールが持続しないと再発し、歯槽骨はさらに失われていくことになります。その再発を防ぐためのプログラムがメンテナンスです。
あなたに合ったオーダーメイドのメンテナンスを続けることで治療によって作られた口腔の健康は守られていきます。
日本人は欧米人と比べてメンテナンスに定期的に通う方が圧倒的に少ないというデータがあります。治療により作られた口腔の健康を守り続ける欧米人と疾患を繰り返し治療を繰り返す日本人とでは高齢期に残存している歯の数に大きな差があります。適正なメンテナンスを受けて口腔の健康を維持しましょう。
宝沢伊藤歯科医院では患者さん一人一人にあったオーダーメイドのメンテナンスプログラムを作成し「豊かな暮らし」をサポートしていきます。

歯石除去が歯周病治療という誤解

歯石とは、プラーク(歯垢)が唾液の中のカルシウムやリンと結びついて石灰化した硬いかたまりのことをいいます。歯石の中の細菌は死んでしまい病原性はありません。しかし、歯石は新しいプラークの棲家になるので付着したままにしておくのは危険です。つまり、歯石除去はプラークが付着しにくい環境作りのために必要な治療です。

洗口剤は有効か?

1/1000gの中のプラーク内に1億を超える細菌が棲みついています。
プラークはその表面に「菌体外多糖」というネバネバした膜を形成します。この特殊な膜を「バイオフィルム」と言いますが、歯周病菌はこのバイオフィルムによって守られているので、いくら洗口剤でうがいをしても効果はありません。機械的除去だけがプラーク除去の有効手段です。
ただし、プラーク(バイオフィルム)を分解することのできる「POICウォーター」は有効です。

歯周病と喫煙

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。
喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病にかかりやすく重症化しやすくなります。更に治療しても治りにくいことが解っています。喫煙者は非喫煙者に比べて 2 ~ 8 倍歯周病に罹患しやすいことが報告されています。
ニコチンやその他の有害物質が体内に取り込まれると、免疫力が低下することで細菌感染による炎症が起こりやすくなります。それに加えて、喫煙によって体内のビタミンCが大量に消費されるため、さらなる免疫機能の低下を招きます。
また、ニコチンの血管収縮作用や一酸化炭素によるヘモグロビン濃度の低下により、歯周ポケット内の酸素分圧が低下すると、嫌気性の歯周病原菌が繁殖しやすい状態になります。タール(ヤニ)が歯面に付着することで、歯周病の原因となる歯石がつきやすくなるため、症状が進行しやすくなるのです。

タバコをやめると、すぐに歯周組織にいい影響が現れます。数日後には、歯肉の血流の量が増えるほか、炎症に伴い歯肉溝から分泌される歯肉溝浸出液が減少しはじめます。それにより、歯周病治療を行った後に治癒が見られるようになって、歯周組織の破壊を抑えることができるのです。
さらに、禁煙1年後くらいから歯の喪失リスクが低下しはじめ、10年以上たつと非喫煙者と同レベルにまで回復することが分かっています。

リグロス(歯周組織再生療法)

「リグロス」とは、歯周病の治療に使われる薬剤です。
歯を支える歯周組織は、そのまま放っておいても再生することはありません。そこでこの歯周組織の再生に効果が期待できる薬剤として開発されたのがリグロスです。

リグロスは歯周病の進行によって破壊された歯周組織を再生する効果があります。リグロスを使った「歯周組織再生療法」という手術を伴う治療をすることで、組織の再生が可能となるため、歯周病によって歯が抜けてしまうことを防ぐことができます。

リグロスは保険診療で受けられます

2016年9月よりリグロスによる歯周組織再生療法は保険適用となりました。費用の心配が少ない状態で治療に専念いただけます。