福島県郡山市の歯医者 宝沢伊藤歯科医院

インビザライン矯正

マウスピース矯正 invisalaign(インビザライン)

''目立たない''矯正治療

 invisalaign(インビザライン)
コンピュータを用いて作製された透明なマウスピースを段階的につけ替えて徐々に歯列を矯正していく治療法です。透明なマウスピース装置ですので、装着してもほとんど目立たず、また、必要に応じて取りはずすことができますので、患者さんの負担を軽減することができます。

透明という選択肢

 invisalaign(インビザライン)
通常の矯正治療はワイヤーを固定し歯を移動するため、見た目を気にしたり、矯正装置装着後の負担を考えると、治療に踏み切れない方が多くいらっしゃいます。 当院では、このような負担を解消するため、インビザラインシステムを導入し、 透明で気にならず、取り外しのできる機能的で効果的な矯正治療を行っております。

自分で取り外し可能、しかも快適!

インビザライン・アライナーの装着は違和感が少ないので、日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。 歯科医院での受診のたびに、治療の進行状況を確認し、新しいインビザライン・アライナーを受け取ります 。自分で簡単にに取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。 歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つ事ができます。

インビザラインの特徴


従来型の矯正装置に比べて痛みが少ない
インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。 その理由の一つとして、インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。 またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。

取り外しができて衛生的

アライナーは、取り外しが可能なので、歯磨きやフロスも普段通り行えます。また、簡単に洗浄ができ衛生的です。

金属アレルギーの方でも安心して装着できる

インビザラインはプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。 金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。

透明で目立たなく、しゃべりやすい

「矯正治療がしたくても見た目が気になる」という方は多いのではないでしょうか。 インビザラインは薄く透明で目立ちにくい装置です。自分からマウスピースをつけていると言わない限り、周りに気付かれないという患者様も多くいらっしゃいます。

インビザラインのメリット

歯を抜かずに治療ができる

インビザライン治療の特性に従来型のワイヤー矯正では難しかった「奥歯を奥に移動させる」ことが可能となりました。この技術により中間の歯を抜いてスペース作りをしなくても良いケースが増えました。

通院回数が少ない

定期的な調整が必要ないため、ワイヤー矯正のように頻繁な受診は必要ありません。1ヶ月から2ヶ月に1回チェックするだけでOKです。

矯正完了までの歯の移動が目に見える

クリンチェックとよばれる3次元シュミレーションで矯正終了までの歯の動きを確認できます。治療のゴールが視覚化され、治療へのモチベーションが上がります。

治療ゴールの予測実現性に優れている

インビザライン・アライナ―の革新的なテクノロジーや機能、素材により、予測実現性に優れており、バランスの良い歯並び、正しい噛み合わせを作り出すことができます。

インビザラインのデメリット

自己管理をしっかりとしなければならない

取り外しができるマウスピースは便利で快適な反面、ご自分でしっかりと管理をする必要があります。歯は一度動かしても元に戻ろうとする性質があります。装着し忘れたり、装着している時間が短いと、思うような効果が現れませんので注意が必要です。適正に歯を動かすためには1日20時間以上の装着が必要です。

治療が難しいケースがある

骨格的な問題がある歯列不正は治療が困難です。また、歯数が少ない場合や補綴物が多い場合、重度の歯周病に罹患している場合も治療できません。また、マウスピースで包み込むことが難しいような短い歯も適応とならないことがあります。

歯にアタッチメントを装着しなければいけない

インビザライン治療では多くの場合”アタッチメント”と呼ばれる樹脂を歯に貼り付ける必要があります。歯と同じ色なので目立たないですが外れることがあります。外れたら再装着が必要となります。
※写真の治療イメージではアタッチメントが赤く表示されていますが、実際は白い樹脂のため目立ちません