福島県郡山市の歯医者 宝沢伊藤歯科医院

News Letter Vol.17 2013 冬号

院長のひとこと

【むし歯を削らない治療『ドックベストセメント治療』】

 むし歯の治療と聞いて思い浮かべるものは、歯科医師も患者さんもきっと注射やドリルでしょう。しかし、歯科医療の先進国であるアメリカやドイツでは別なものが思い浮かぶようになってきました。それは『ドックベストセメント』です。
 20世紀後半アメリカで開発され21世紀初頭にはヨーロッパ各国にも広がったむし歯を削らずにむし歯治療ができるという夢のような治療法です。削らないので注射もドリルも必要ありません。(セメントを詰めるための枠作りの切削は必要です。)
 そもそもむし歯は病原菌によって起こる病気ですから、その病原菌の撃退こそがむし歯治療の本質になります。通常、病原菌によって起こる風邪などの病気であれば、特に治療をせずとも安静にさえしていれば、自然治癒力(免疫力)によって勝手に治っていきます。しかし、自然治療力を持たない歯は勝手には治ってくれません。ですから今までは、むし歯菌の巣を(健康な部分も含めて)大きく歯を削りとることで病原菌の撃退をしてきました。しかし、「削り取って治す」→「殺菌して治す」治療ができるようになったのです。それがドックベストセメント治療なのです。
 過去にもわずかに残した感染部分に殺菌と鎮静を期待して、抗生物質をミックスしたものを貼薬する方法(3
MIX-MP法)がありましたが、残した感染源が多いとうまくいかず、さらに薬による副作用が問題となり、欧米ではその手法は広まりませんでした。
 しかし、ドックベストセメント治療は、その効果も安全性も確実です。

(ドックベストセメントの治療順序および作用機序)
① 洗浄。消毒(当院では殺菌水による洗浄·消毒を行いますので薬剤による消毒より安全で確実です。)
② 浸透性が高い液体と混ぜてドックベストセメントをむし歯深くまでしみ込ませ、病原菌を撃退する。
③ ドックベストセメント層を作り、1年かけて感染部位の再石灰化を行う。
④ ドックベストセメントを守るためのコーティングを行い終了



〈ドックベストセメントの特徴〉

① ほとんど削らないので麻酔が必要ない
② 健康な部分を削る必要がなく、ドックベストセメントに殺菌・鎮静効果があるため神経を残せる可能性が高まる
③ 治療回数が減る
④ 殺菌力が持続するのでむし歯の再発が起こりにくい
⑤ 銅を中心としたミネラルが主成分なので副作用はなく身体にやさしい

《注意》
・神経深くまで感染が及んだ痛みの強い歯には使えません。
・初期むし歯には適応となりません。(レーザー治療で対応します。)
・審美性が要求される部位には適応とならないこともあります
・日本の薬事法の認可を受けていないため自費診療となります。
・再石灰化が完了するまでは仮修復のため、1年後に最終修復処置が必要となります。

ドックベストセメントは、健全歯質を守り、神経を守ってくれるので、歯の寿命を延ばすことができる治療法です。
宝沢伊藤歯科医院は、ドックベストセメント治療を推進します。
院長 伊藤 克紀

スタッフ紹介

大桶 直子(歯科医師)

 福島市出身の大桶直子です。
 口の中をみなさんあまり普段は意識されないと思いますが、顔と同じように一人一人違います。当然目指す治療のゴールも違います。見た目を良くしたい、かめる様になりたい等口の中だけでなく患者さんの考え・希望・生活環境をふまえた上で“人を診る治療”をモットーに頑張りますので宜しくおねがいします。

吉田 愛弥(受付)

 皆さん、こんにちは!今年1月から受付をやらせていただいています田村市出身の吉田です。好きな事はお買い物やドライブに行くことが大好きです!!
 毎日笑顔を忘れず、明るく元気に頑張りますのでどうぞよろしくお願いします☆

退職者あいさつ

前田 昌孝(歯科医師)

 この度、本年度をもって退職させて頂くことになりました歯科医師の前田昌孝です。私が当院で勤めさせて頂いたのはちょうど東日本大震災で福島原発事故があった直後でした。日常が不安と緊張にさいなまれる中、十分に医療が行き届かず、多くの方が大変な苦労をなされ歯科疾患でお悩みになる方々が多数いらっしゃいました。その状況の中で、私自身、歯科医師としてこの現状に真摯に向き合い、一人でも多くの患者様がお口の健康を取り戻せるよう、歯科医療に尽力させて頂きました。
 ここ宝沢伊藤歯科医院は、歯周病治療をはじめ、ムシ歯やかぶせ物の治療、インプラント治療など他の病院にはない、患者様一人ひとりに合った徹底した歯科治療が行え、非常に設備が充実しております。是非、これからも一人でも多くの患者様が当院をご利用頂き、一人一人のお口の中の健康が改善し、若々しく、快適で、豊かな生活を送って頂くことを願っております。
この1年と9ヶ月、診療させていただきましてありがとうございました。

バクテリアセラピーのご紹介

 毎日きちんと歯を磨いているのにまたむし歯になった。すぐ歯周病が再発する。
 なぜ何度も繰り返すのでしょう?
・・・それはお口の中の菌質が影断しているせいかもしれません。
お口の中の悪玉菌(むし歯菌・歯周病菌)を減らして善玉菌(ロイテリ菌)を増やしバランスを整えるバクテリアセラピー(細菌療法)を紹介します。
 バクテリアセラピーとは「生命体のためになるもの」という意味の合成語で私たちの消化システムや免疫システムに役立つ「善玉菌」の総称です。

善玉菌は免疫力を高めて自然の抵抗力維持に役立っています。
菌質改善を行うことで健康維持の基礎となる免疫力を高めましょう。

 私がみなさんにおすすめしたいのは「ロイテリ菌」という乳酸菌です。
このロイテリ菌はノーベル生理学・医学賞の審査本部を努めるスウェーデンのカロリンス力医科大学とバイオガイア社の共同研究により生まれた菌で、世界の53カ国の地域で導入されています。
 口腔内領域では、歯周病菌やむし歯菌が減ることでむし歯・歯周病予防ができることに加え歯周病治療においても、その治療効果が上がることが報告されています。
 ロイテリ菌は「歯科」の領域だけでなくピロリ菌増殖抑制・乳幼児のアレルギーやアトピーなど抑える能力もあり、なによりも薬ではないので副作用が一切無いのも安心です♪ぜひ、おすすめします。
 くわしくはスタッフにお聞き下さい!!
(クリニカルコーディネータ 押山 暁恵)

「ソデッシュ」について

 身体の健康を考えて、サプリメント(健康補助食品)をとる方が増えていますが、当院でも「ソデッシュ」というサプリメントの販売を始めましたので、ご紹介したいと思います。
 治療やメンテナンスを通して「健康で若々しく豊かに暮らしてもらう」ことが宝沢伊藤歯科医院の診療目標であり、アンチエイジング(抗老化)のお手伝いをしたいと考えています。
 老化には体力や運動機能といった生理機能の衰え以外に、遺伝子や細胞の老化には「活性酸素」が関係しています。
 実は、この活性酸素は免疫システムの1つであり、体内に病原体など敵と判断される異物が侵入してきたとき、 体内では活性酸素が大量に放出され、その強力な酸化力で敵をやっつけるのが本来の役割です。
 ところが、強力な酸化力は敵だけでなく、自らの細胞も傷つけてしまうのです。細胞を傷つけることで「しわやシミ」が増えたり、様々な病気にかかりやすくなったりもします。『癌、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病』などの病気の原因も活性酸素が原因だという報告がたくさん出てきています。また歯周病にかかると、活性酸素が多く出て老化が進むこともわかりました。さらに、活性酸素が増えると歯周病の治りも悪くなることもわかりました。 そこで、この活性酸素を除去するためのサプリメントを摂取していただいて、歯周病治療と老化防止に役立ててもらおうと考えました。

<ソデッシュの特徴>
・大豆、緑茶、ハトムギなど14種類の自然の植物が原材料の植物発酵食品である
・活性酸素抑制組成物としての特許商品である
・実際に飲んだ人から多くの効果が報告されている
・健康食品GMP工場で生産され、安全、安心である
などがあります。
 ソデッシュを飲んで活性酸素を減らし、いつまでも元気に快適に過ごしていただきたいと思います。
(クリニカルコーディネーター 大竹 由美子)

イベント報告

2012年12月22日ハッピークラブのお友達と
そのご家族でクリスマス会を開催致しました。

 顕微鏡で子供たちの口の中にいるバイ菌が動いている様子を観察してもらったり、その歯についているバイ菌を赤く染めて歯磨き選手権、セラミックの歯を数分で作ってしまう「セレック」というコンピューターロボットが実際に歯を作るところを見てもらうという貴重な体験もしてもらいました。そして、保護者の方には院長先生による「一生幸福であるために」と題して、主に食の安全についての講演が行われました。子供たちには「今日は君が歯医者さん」と題して、普段診療で使っているレーザーでお絵かきをしてもらったり、白衣を着て歯科の診療台をさわってもらったりなど、歯医者さんを身近に感じてもらう体験もしてもらいました。
 家族対抗歯科クイズバトルでは、みなさん接戦でしたが見事、渡辺ファミリーが優勝しました。最後にはサンタさんも登場し、ひと足早いクリスマスプレゼントも手渡されました。
 クリスマス会を通じて、予防の大切さ、そして歯医者さんは楽しいところだと感じていただいたのではないかと思います。私たちスタッフ一同、子供たちの笑顔が見られるようこれからも、予防によりいっそう力を入れていきたいと思います。
 参加されたご家族の方ありがとうございました。