診察側通路

「動線分離方式」を採用し、患者様が待合室から診療室、レントゲン室へと使用する通路とスタッフが器具を持って動く通路を分けることで安全な移動に配慮しています。